« カチョカバロ [チーズ] | トップページ | ナイロビの蜂 [映画] »

黒の回廊 [本]

黒の回廊 [本]

松本清張の小説。昭和38年に西洋に詳しい講師を付けた女性だけの海外旅行のツアーを計画し行く話し。デンマーク、イギリス、フランスに行く予定が、デンマークで奇怪な事件が起こり、イギリスでは、なんと参加者2名が殺される。講師は旅行の寸前に参加できなくなり、代役を付けた。その代役の女性が疑われ、みずから身の潔白を証明すべき事件を検証していく。 殺人の理由が、またこれかあ〜と思ったけど、清張もので舞台が外国のものは初めて読んだので、一緒に旅行しているような気分になり楽しめた〜〜 昭和38年頃、海外旅行に行く人は珍しかっただろうから当事読んだ人も旅行気分で読んだんでしょうね〜

|

« カチョカバロ [チーズ] | トップページ | ナイロビの蜂 [映画] »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69655/1939447

この記事へのトラックバック一覧です: 黒の回廊 [本]:

« カチョカバロ [チーズ] | トップページ | ナイロビの蜂 [映画] »