« 硫黄島からの手紙 | トップページ | 海猿 [DVD] »

敬愛なるベートーベン

P1020104_2

解説 : 生涯独身だった作曲家ベートーベンが、その才能を認め、師弟愛以上の感情を抱いた女性音楽家との日々を描いた音楽ドラマ。名優エド・ハリスがベートーベンを熱演!

“第九”の初演を4日後に控えたベートーベンのアトリエに楽譜を清書するためアンナという女性がやってくる。最初は女性というだけで怒り心頭だったが、やがて彼女の才能を認め、2人の間には師弟愛以上の感情が芽生える。

第九がメインだというので年内に見たかったのですが、今になってしまいました~

ベートーベンの晩年を描いてますが、ベートーベンはこんな人だったのかと

びっくり。アパートでも嫌われ者ですが、隣のおばあちゃんは引っ越さない。

「だって新曲を発表前に聞けるんだよ」と、しょうがない奴だと思われながらも

尊敬されているんだなあ~~と、思いました。ウイーンの街や当時の生活

ぶりなんかも面白い。 アンナは彼がいるんだけど・・・・(続きは見てね~~)

メインの第九のシーンは素晴らしいです! 愛の交接を感じさせるとありましたが

私もそう思いました。

クラシックにまったく興味のない男性にはつまらないですね。

女性にはお勧めです。

|

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | 海猿 [DVD] »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お正月気分をリセットして読んでます。映画三昧って感じですね~ 私はやっとDVDでデッドマンド・チェスト見ました。こちらの記事参考にしてDVD選ぶわ! 今年もよろしくです!

投稿: みゅうみゅう | 2007年1月 5日 (金) 14時32分

こんばんは。
この映画はロードショー?DVD?
今のところ観たい映画は無いのだけど、
DVDとなると見る時間が無いかなぁ~。
最近レンタルショップの数が減った気がするのですが???
三連休だし何か見たい気もする。
でも、確かに第九のシーンは見てみたい(聴きたい)ですね。

投稿: fumika | 2007年1月 5日 (金) 23時12分

明けましておめでとう~~今年もよろしく。 また、会えるといいね~~

投稿: みゅうみゅうさんへ | 2007年1月 6日 (土) 02時56分

これは、ロードショウです。そういえば、3連休なんですよね~~また、正月モードに逆もどりですね~~9日はみんな辛いよね~~こちらはレンタルショップは、変らないかな。ツタヤばかりですが、最近ツタヤでも空いてる店を発見したので、人気のものはそこまで借りに行きます。

投稿: fumikaさんへ | 2007年1月 6日 (土) 02時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69655/4803260

この記事へのトラックバック一覧です: 敬愛なるベートーベン:

« 硫黄島からの手紙 | トップページ | 海猿 [DVD] »