« 墨攻 [映画] | トップページ | 2月のチー »

ピンチクリフ・グランプリ[映画]

1001334_1 <解説> 1975年にノルウェーで製作された人形アニメ。当時、本国では観客動員No.1を記録し、永く“人形アニメの最高傑作”と評されてきた作品だ。登場するマシンの精巧さに驚くと同時に、サーキット場でレースを見守る観客の一人ひとりにまで生命を吹き込んだかのように、そのキャラクターたちは生き生きとしている。独特の人形操作方法は特許を取得しているというが、その職人的な技術は、30年の時を経た今でも新鮮に映るから驚きだ。

自転車修理工のオヤジが、石油王のスポンサーを得て自分のマシーンを作りレースに参加するという話。

ストーリーがゆっくり感じるのは30年前だからかな。私がせっかちだからかな。

人形はどうやって動かしているのかな~~人形もそうだけど部屋のなかとか良く出来てます♪

一緒に暮らしてるウッドペッカーとへんな動物?2匹も出てきます。

文部省推薦とか書かれている映画を見るのは学生時代以来???

わざわざ、映画館で見なくてもいいといえばそうかもね~~

Pennginn 映画館に「ハッピーフィート」の

巨大ペンギンぬいぐるみの展示が始まったよ~~

おなかをどついてみたい!

と私のように思う人が居るのか

いつも係の人が側に・・・残念!

|

« 墨攻 [映画] | トップページ | 2月のチー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69655/5293787

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチクリフ・グランプリ[映画]:

« 墨攻 [映画] | トップページ | 2月のチー »